在宅医療とは

在宅医療とは、病院や医院、自治体と連携しながら様々な慢性疾患、疾患の後遺症、末期癌などを患っている者が、病気を持ちながらでもご家族と自宅で生活出来るように、自宅を中心に病院から医師や看護師が定期的に訪れたり、情報機器を用いて容体を捉え、適切な治療をしたり、自立した時間を持てるように支援するのを目的にした医療体系(システム)です。在宅医療は、家族が自宅で医療処置を行うものではありません。

在宅医療と往診の違い

往診は、急性期救急医療の一端で、在宅医療は、自宅を中心に患者さんを全面的に引き受けて治療をする、実質的な高度包括医療体制です。

往診と在宅医療との比較
在宅医療
  • 依頼主:患者又は病院
  • 訪問周期:定期的
  • 治療期間:長期
  • 主体:医療チーム
  • 高度医療:可能
  • 訪問看護:あり
  • 介護補助:あり
  • 行政介入:あり
往診
  • 依頼主:患者
  • 訪問周期:随時
  • 治療期間:短期
  • 主体:医師個人
  • 高度医療:不可
  • 訪問看護:なし
  • 介護補助:なし
  • 行政介入:なし
在宅医療として扱う疾患
  • 悪性腫瘍(癌など)
  • 整形外科疾患(骨折など)
  • 老衰(ろうすい)
  • 痴呆(認知症など)
  • 脳血管障害後遺症
  • 神経難病
  • 脊髄損傷
  • 慢性疾患(腎不全など)
  • その他