介護施設とは

介護施設とは、病気や老いで日常生活に支障がある者を介抱し世話をする事を目的とした施設です。介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設を総称して介護施設と呼びます。

介護施設の形態と分類

介護支援専門員の受験資格は医師、看護師、保健師などの資格を所有しその業務に5年以上従事した者、又は福祉施設などで5年〜10年の実務経験を有する者。介護支援専門員の試験は、毎年10月から11月頃に行われ、試験は筆記試験で行われる。

介護施設の形態
  • 住宅系介護施設:住宅行政が所管するもの
  • 福祉系介護施設:福祉行政が所管するもの
  • 指定系施設:介護保険の指定施設サービスを提供する介護施設
介護施設の分類
  • 有料老人ホーム:健康型施設、終身介護型施設、介護専用型施設、所有権付施設などがあり、運営は民間と公営とある。
  • 高齢者ケア付き住宅:公営のケア付き住宅、民営のケア付き高齢者住宅。
  • グループホーム:運営主体は、医療法人、社会福祉法人、株式や有限会社、NPO法人。
  • 特別養護老人ホーム:運営主体は、市区町村の介護事業係。
  • 介護老人保健施設:経営主体は、医療法人。
  • 老人短期入所施設:通所デイリーサービスセンターを併設しており、経営主体は、社会福祉法人、医療法人。
  • 軽費老人ホーム(ケアハウス)
  • 養護老人ホーム
  • 高齢者支援ハウス