介護認定とは

介護認定とは、要介護認定のことで介護保険制度において、介護サービスを利用したい者が全国共通の基準により、介護の必要度(必要な状態かどうか)を調べ判定し、公的(市町村)に認定するものです。
要介護認定は、介護保険法による介護を要する状態の「要介護認定」と日常生活の支援を必要とする状態の「要支援認定」を総称されています。

要介護状態区分

要介護状態区分別に、介護保険を利用できる上限額(支給限度額)やサービスが決められています。

経過的要介護

日常生活を営む能力が基本的にあり、食事、排泄、入浴、着替えなどの一部介助が必要な場合、在宅介護サービスを利用できる。

  • 要支援1:日常生活上の基本動作(食事、排泄、入浴、着替えなど)は、ほぼ自己の力ででき、予防のために支援を要する場合。
  • 要支援2:要支援1の状態から食事、排泄、入浴、着替えなどを行う能力に一部介助が必要な場合。
要介護
  • 要介護1:自己の力で立ち上がる事や歩行が不安定で、食事、排泄、入浴、着替えなどに一部介助が必要な場合、在宅介護サービスや施設介護サービスを利用できる。
  • 要介護2:自己の力で立ち上がる事や歩行などが困難で、食事、排泄、入浴、着替えなどで一部又は、全体の介助が必要な場合。
  • 要介護3:自己の力で立ち上がる事や歩行など全くできず、食事、排泄、入浴、着替えなどで、全体の介助が必要な場合。
  • 要介護4:排せつ、入浴、衣服の着脱などの日常生活を営む事が出来ず、全面的介助が必要な場合。
  • 要介護5:排せつ、入浴、衣服の着脱などの日常生活を営む事が出来ず、意思の伝達が困難で、生活全般において全面的介助が必要な場合。
審査の方法
  • 1、申請する(要介護認定申請書に、介護保険の保険証を添付し申請します。印鑑が必要です。(第2号被保険者の場合は、医療保険の保険証が必要)
  • 2、訪問調査
  • 3、専門家による審査
  • 4、認定結果の通知