介護報酬とは

介護報酬とは、介護サービスを提供した施設や事業者に、請求があった事により支払われる報酬の公定価格ことを言い、厚生労働大臣が定め、サービス種別に要介護状態区分ごとに決定されます。 各種サービスの費用の介護保険給付の対象となる算定基準は、医療保険は診療報酬で介護保険は介護報酬といわれ、地域別単価です。介護サービスを提供した施設や事業所は、そのサービスの報酬として保険者である市町村から介護報酬の支払を受けます。 介護報酬額はサービスの内容や入院又、入所者の要介護度、事業所が所在する地域などで費用額も違います。
在宅サービスの利用者負担はサービス費用の1割、施設サービスの場合はサービス費用の1割と食事の標準負担額、日常生活費も自己負担です。

介護報酬請求の手順

介護報酬の請求は、「紙媒体、伝送、磁気媒体」で、介護サービス提供の翌月に行います。国保連合会が審査と点検を行ない、介護サービスを提供した月の翌々月(請求した翌月)に決定額が支払われます。医療保険の診療報酬と同様のスケジュールです。